menumenu

closeclose

兵庫県 赤穂市「日本第一」の塩を産したまち 播州赤穂

赤穂市立海洋科学館・塩の国 復元塩田

赤穂市立海洋科学館・塩の国 復元塩田

概 要

江戸時代、システマティックな入浜塩田による塩づくりが確立された播州赤穂。瀬戸内の穏やかな海と気候に抱かれ、千種川が中国山地からもたらした良質の砂からできた広大な干潟は、入浜塩田の開発に適していた。
その製塩技術は、瀬戸内海沿岸に広がり、市場を席巻するまでに成長した。中でも赤穂の塩は、国内きってのブランドとして名を馳せ、赤穂に多彩な恵みをもたらした。このまちには瀬戸内海から生み出される塩とともに歩んできた歴史文化が蓄積され、現在に息づいている。赤穂は今なお「塩の国」なのである。

主な構成文化財

  • 旧日本専売公社赤穂支局(赤穂塩務局)事務所
    旧日本専売公社赤穂支局(赤穂塩務局)事務所
    旧日本専売公社赤穂支局(赤穂塩務局)事務所
  • 田淵氏庭園
    田淵氏庭園
    田淵氏庭園
  • 赤穂の製塩用具
    赤穂の製塩用具
    赤穂の製塩用具
  • 赤穂城跡
    赤穂城跡
    赤穂城跡

主な構成文化財マップ