menumenu

closeclose

滋賀県 大津市・彦根市・近江八幡市・高島市・東近江市・米原市・長浜市琵琶湖とその水辺景観〜祈りと暮らしの水遺産〜

白鬚神社

白鬚神社

概 要

穢れを除き、病を癒すものとして祀られてきた水。仏教の普及とともに東方にあっては、瑠璃色に輝く「水の浄土」の教主・薬師如来が広く信仰されてきた。琵琶湖では、「水の浄土」を臨んで多くの寺社が建立され、今日も多くの人々を惹きつけている。また、くらしには、山から水を引いた古式水道や湧き水を使いながら汚さないルールが伝わっている。湖辺の集落や湖中の島では、米と魚を活用した鮒ずしなどの独自の食文化やエリなどの漁法が育まれた。多くの生き物を育む水郷や水辺の景観は、芸術や庭園に取り上げられてきたが、近年では、水と人の営みが調和した文化的景観として、多くの現代人をひきつけている。ここには、日本人の高度な「水の文化」の歴史が集積されている。

主な構成文化財

  • 竹生島と葛籠尾崎
    竹生島と葛籠尾崎
    竹生島と葛籠尾崎
  • 琵琶湖のエリ(湖岸に矢印型に網を張る)
    琵琶湖のエリ(湖岸に矢印型に網を張る)
    琵琶湖のエリ(湖岸に矢印型に網を張る)
  • 近江八幡の水郷
    近江八幡の水郷
    近江八幡の水郷
  • 彦根城と玄宮楽々園
    彦根城と玄宮楽々園
    彦根城と玄宮楽々園

主な構成文化財マップ