menumenu

closeclose

和歌山県 広川町「百世(ひゃくせい)の安堵(あんど)~津波と復興の記憶が生きる広川の防災遺産~

広村堤防の松

広村堤防の松

概 要

広川町(ひろがわちょう)の海岸は、松が屏風のように立ち並び、見上げる程の土盛りの堤防が海との緩衝地を形づくり、沖の突堤、海沿いの石堤と多重防御システムを構築しています。堤防に添う町並みは、豪壮な木造三階建の楼閣がそびえ、重厚な瓦屋根、漆喰(しっくい)や船板の外壁が印象的な町家が、高台に延びる通りや小路に面して軒を連ね、避難を意識した町が築かれています。江戸時代、津波に襲われた人々は、復興を果たし、この町に日本の防災文化の縮図を浮び上らせました。防災遺産は、世代から世代へと災害の記憶を伝え、今も暮らしの中に息づいています。

主な構成文化財

  • 嘉永七年(安政元年)高浪之図
    嘉永七年(安政元年)高浪之図
    嘉永七年(安政元年)高浪之図
  • 土で固めた堤防(広村堤防)
    土で固めた堤防(広村堤防)
    土で固めた堤防(広村堤防)
  • 広地区の伝統的な町並み
    広地区の伝統的な町並み
    広地区の伝統的な町並み
  • 濱口家住宅「御風楼(ぎょふうろう)」(木造三階建)
    濱口家住宅「御風楼(ぎょふうろう)」(木造三階建)
    濱口家住宅「御風楼(ぎょふうろう)」(木造三階建)

主な構成文化財マップ