menumenu

closeclose

京都府(宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市、木津川市、久御山町、井手町、宇治田原町、笠置町、和束町、精華町、南山城村)日本茶800年歴史散歩

湯船・原山の茶畑(和束町)

京都府

概 要

お茶が中国から日本に伝えられて以降、京都・南山城は、お茶の生産技術を向上させ、茶の湯に使用される「抹茶」、今日広く飲まれている「煎茶」、高級茶として世界的に広く知られる「玉露」を生み出した。
この地域は、約800年間にわたり最高級の多種多様なお茶を作り続け、日本の特徴的文化である茶道など、我が国の喫茶文化の展開を生産、製茶面からリードし、発展をとげてきた歴史と、その発展段階毎の景観を残しつつ今に伝える独特で美しい茶畑、茶問屋、茶まつりなどの代表例が優良な状態で揃って残っている唯一の場所である。

主な構成文化財

  • 上狛(かみこま)茶問屋街
    上狛(かみこま)
    茶問屋街
    上狛(かみこま)茶問屋街
  • 湯屋谷(ゆやだに)の茶問屋の街並み
    湯屋谷(ゆやだに)の
    茶問屋の街並み
    湯屋谷(ゆやだに)の茶問屋の街並み

主な構成文化財マップ