menumenu

closeclose

和歌山県(新宮市・那智勝浦町・太地町・串本町)鯨とともに生きる

河内祭の御舟行事(こうちまつりのみふねぎょうじ)

河内祭の御舟行事(こうちまつりのみふねぎょうじ)

概 要

鯨は、日本人にとって信仰の対象となる特別な存在であった。人々は、大海原を悠然と泳ぐ巨体を畏れたものの、時折浜辺に打ち上げられた鯨を食料や道具の素材などに利用していたが、やがて生活を安定させるため、捕鯨に乗り出した。
熊野灘沿岸地域では、江戸時代に入り、熊野水軍の流れを汲む人々が捕鯨の技術や流通方法を確立し、これ以降、この地域は鯨に感謝しつつ捕鯨とともに生きてきた。当時の捕鯨の面影を残す旧跡が町中や周辺に点在し、鯨にまつわる祭りや伝統芸能、食文化が今も受け継がれている。

主な構成文化財

  • 九龍島(くろしま)
    九龍島(くろしま)
    九龍島(くろしま)
  • 捕鯨の祖 和田頼元(わだよりもと)の墓
    捕鯨の祖 和田頼元
    (わだよりもと)の墓
    捕鯨の祖 和田頼元(わだよりもと)の墓
  • 太地(たいじ)のくじら踊り
    太地(たいじ)のくじら踊り
    太地(たいじ)のくじら踊り
  • 三輪崎の鯨踊
    三輪崎の鯨踊
    三輪崎の鯨踊

主な構成文化財マップ