menumenu

closeclose

和歌山県 湯浅町「最初の一滴」醤油醸造の発祥の地 紀州湯浅

醤油の香り漂う町並み

醤油の香り漂う町並み

概 要

醤油の起源は,遥か中世の時代,中国に渡り修行を積んだ禅僧が伝えた特別な味噌に始まる。この味噌の桶に溜まった汁に紀州湯浅の人々が工夫を重ね,生まれたのが現在の醤油であるという。醤油の醸造業で栄えた町並みには、重厚な瓦葺の屋根と繊細な格子が印象的な町家や、白壁の土蔵が建ち並ぶ。通りや小路を歩けば、老舗醸造家から漂ってくる醤油の芳香が鼻をくすぐり、醤油造りの歴史と伝統が、形、香り、味わいとなって人々の暮らしの中に生き続けている。

主な構成文化財

  • 醤油蔵(しょうゆぐら)が建ち並ぶ「大仙堀(だいせんぼり)」
    醤油蔵(しょうゆぐら)が
    建ち並ぶ「大仙堀(だいせんぼり)」
    醤油蔵(しょうゆぐら)が建ち並ぶ「大仙堀(だいせんぼり)」
  • 醤油仕込蔵(しょうゆしこみぐら)
    醤油仕込蔵
    (しょうゆしこみぐら)
    醤油仕込蔵(しょうゆしこみぐら)
  • 湯浅図屏風(ゆあさずびょうぶ)
    湯浅図屏風
    (ゆあさずびょうぶ)
    湯浅図屏風(ゆあさずびょうぶ)
  • 顯國神社(けんこくじんじゃ)の祭礼
    顯國神社
    (けんこくじんじゃ)の祭礼
    顯國神社(けんこくじんじゃ)の祭礼

主な構成文化財マップ